2006年10月07日

抽選参加サービス

証券会社や利用しているコースによっては、ブックビルディングには参加できず、抽選にのみ参加できる場合がある。これが抽選参加サービス。

現在(平成18年10月)は、仮条件の上限が公募価格となることがほとんどなので需要申告しなくてよい分、抽選参加サービスの方が手間が掛からなくてよいと思う。需要申告だってそんなに手間掛からないけど。


posted by 齋藤 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | IPO用語集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。