2006年10月04日

IPO(新規公開株)の現状

最近、IPOの爆発力は落ち、初値が以前ほど上がらなくなったり、公募価格を下回ったりする銘柄が目に付くようになってきました。

今年(平成18年)の前半までと比べて、IPOのリターンは下がり、リスクは高まってきていると言えると思います。

Yahooファイナンスを見てみるとよくわかります。


ただ、それでもまだ現状ではIPOは魅力的な資産運用対象であることには変わらないと思います。リスクは高まっていますが、銘柄を選別することなどである程度の危険は回避できるでしょう。
posted by 齋藤 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。